雑貨の学校講座バナー
「雑貨の学校」とは雑貨店開業、雑貨業界への就職や転職を志す皆さんやスキルアップを望むプロの方が雑貨ショップ開業をテーマに雑貨ならではの知識、技術を学ぶものです。今年で17年目を迎えました。

雑貨の学校OB・OGのお店

雑貨屋さん開店–のんびり・ゆったり楽しむ店づくり。広島福山「toricoter+」2012年秋 NO.09

2016/07/10

雑貨の学校のスタッフのAAです。鬼(笑)の上司である雑貨の学校の先生から指令がくだり、今回は私が取材しました。はじめてなので上手に書けないかも知れませんが、皆さん許してくださいね。素敵なお店ということなので楽しみです。

自然豊かな場所の雑貨屋さん

雑貨屋さん看板トリコテ今年(2012年)7月に広島県福山市赤坂町にオープンした「tricoter+」(トリコテ)は、2010年秋期の雑貨の学校Cコース(短期集中)に参加された佐藤真一さんのお店です。準備段階のこと、オープンしてからのことなど、いろいろとお聞きしました。

「tricoter+」という店名の意味はなんですか

フランス語で「編む」という意味です。雑貨の作り手やお客様と一緒に素敵な“雑貨模様”を編んでいきたいという思いからトリコテにしました。

田舎すぎない田舎(!?)

雑貨屋さんディスプレイ「トリコテ」赤坂町はどんな街なのでしょうか

赤坂町は見ていただいてもわかるとおり、とてものどかな場所にあります。田舎といえば間違いなく田舎。でも山陽本線の駅のすぐ南側で、バイパスも近くを通っています。言ってみれば程よく田舎です。日常と非日常の真ん中にあるような店づくりをしたかった私たちにとって最良の場所でした。

尾道も近いので、観光でいらっしゃるお客様も多いのではないですか
尾道も有名ですが、福山には坂本竜馬の「いろは丸事件」や、ジブリの崖の上のポニョの舞台になったともいわれ最近注目を浴びている「鞆の浦(とものうら)」もあり、市外・県外のお客様が立ち寄ってくださることも結構ありますね。

雑貨屋さん商品「トリコテ」アクセサリー人気の商品を教えてください。

作家さんの作品はどれも人気なのですが、パーツを組み合わせてオリジナルのネックレスや指輪などが作れる真鍮のアクセサリーや、革のアクセサリー・バッグなどが人気です。

作家さんの作品が多いですが、作家さんの見つけ方を教えてください

県外の企画展、クラフト展などのイベントや作家さんのアトリエなどに直接足を運び、作品を直接見て触って探してます。作家さんとも直接お会いできて人柄などもわかりますので。

 

 

建物も自分デザイン。自由気ままがポイント

雑貨屋さん内装1「トリコテ」お店の建物自体もご自身でプランニングされたそうですね。漆喰の白い壁が印象的です。店内のディスプレイも外同様に素敵ですが、なにか気を付けていることはありますか?

ありがとうございます。デザインと設計も自分でやったんですよ。
ディスプレイはごちゃごちゃし過ぎず、かといってギャラリーのように整然とし過ぎず、程よく雑貨屋さんといったイメージです。商品だけでなく、ドアや窓にもちょっとした「宝探し感覚」で楽しんでいただけるような遊びも加えてみました。

接客で心掛けていることはありますか

入店された時の様子やお声掛けした時の反応で、お話ししたり、ゆっくり店内を見てもらったりしてます。馴れ馴れしくなく、でも親しみを持ってもらえるようにしています。

ペットのわんちゃんが接客(!)してるんですね
雑貨屋さん看板犬

そうです(笑)。「ひゅーご」といいます。一応、看板犬です。バーニーズマウンテンドッグという犬種で、50kgあります。ファンも多くて、ひゅーごに会うために来店くださるお客様もいるんです。

菜園も経営してらっしゃるとお聞きしたのですが

お店から100mくらいの所に菜園があり、アスパラを育てています。特に店頭に置いてあるわけではないですが、お客様からご希望があればお分けしています。

オープン前後。そしてこれから雑貨屋さん商品「トリコテ」やきもの作品

7月にオープンして、3ヶ月経ちましたね。お店の様子はどうですか

オープン当初は口コミなどで地元のお客様や友達が多かったのですが、地元のタウン紙「ウインク福山・備後」に掲載されてからは、市外からのお客様も増えてきました。まだまだこれからですが、さらに良いお店にしていきたいです。

オープンまでの準備で苦労したことはなんですか

苦労と言うより、すべて楽しかったですよ(笑)。限られた予算で思いを込めて、夫婦で開店の準備をしました。よい業者さんや作家さんを探すまでが苦労と言えば苦労でした。

オープンしてから大変だったことはありますか

開店してからもやっぱり楽しいです。元々サラリーマンだったので、接客になれていないのが大変と言えば大変でしたけど。

 

できる理由をさがす

雑貨屋さん「トリコテ』オーナー夫妻雑貨屋さんをやりたいと思っている方にメッセージをお願いします

「雑貨屋さんをやりたい!」という気持ちが強ければ誰でもできると思います。とにかく具体的に研究・計画・準備してみる。やれない理由を探してしまう人は難しいと思います。やれる理由を探せる人は大丈夫。いっぱいいっぱい探してみてください。雑貨の学校では実務はもちろん、企画づくりや商品探しなどたくさんの知識も教わりました。準備や経営にとても役立っています。やりたい気持ちをよりリアルにしてくれる学校だと思います。

大変さも楽しむ

 

雑貨屋さん商品2「トリコテ」アクセサリー写真のイメージの通り、ソフトな語り口の佐藤さん。素敵な奥様とかわいいワンちゃんにかこまれて、十分に雑貨屋さんオーナーを楽しまれている様子です。開店までいろいろとご苦労もあったと思いますが、大変さも楽しむ姿勢が素晴らしいと思います。そんなポジティブな気持ちが、お客様にも伝わって、地元での評判も上々だそう。さらに素敵なお店になりそうです。皆さんも広島・尾道観光の際にぜひ行ってみてくださいね。(スタッフAA)

 

お店データ「tricoter+」(トリコテ)

雑貨屋さん外観「トリコテ」オーナー写真
店名: 雑貨のお店「tricoter+」 (トリコテ)
住所: 広島県福山市赤坂町赤坂1214-11
最寄駅: 山陽本線「備後赤坂」駅 徒歩8分
電話: 084-952-2831
ブログ:http://diary.tricoterplus.com/
営業時間: 10:30-18:30
定休日: 水曜 第3.5日曜

取材2012年10月

雑貨屋さん商品「トリコテ」

【ご注意】

・取材者に対し本記事に関するご質問はご遠慮ください。直接ご質問されましてもお答えできません。
・本記事に関するご質問は雑貨の学校までお願いします。

インターネットホームページ:
http://www.zakka.org/ 記事、写真の無断使用厳禁

school_bana_logo雑貨の学校とは?

学校画像99年スタートのはじめての方の雑貨店開業、雑貨業界への就職、転職、プロの方のスキルアップのための講座です。業界経験豊富な講師がお一人お一人丁寧に指導します。受講生を随時募集しています。*「雑貨の学校」は登録商標【第4599372号】です。

もっと雑貨屋さんを知りたい人は 雑貨屋さん開業と経営の本をどうぞ
はじめる雑貨屋さん 雑貨屋さん開業の本「新版 はじめる雑貨屋さん」~ムリなくムダなくできる開業の成功ルール~雑貨の教科書1
売れる雑貨屋さん 雑貨屋さん運営の本「売れる雑貨屋さん」~ムリなくムダなく続けるショップの成功ルール~雑貨の教科書2

-雑貨の学校OB・OGのお店
-, , , , , , , , ,